2013年11月25日月曜日

参蘇飲=虚弱な人の風邪に

今回は参蘇飲(じんそいん)です。風邪の漢方薬については以前にもまとめていますが、季節でもありますので、また少し書き足しておきます。
いつものようにOTC薬の効能効果を見てみると“体力虚弱で、胃腸が弱いものの次の諸症:感冒、せき”とあります。
簡潔に書かれているので問題はないようです。ただ少し足りないところがあるので足しておきます。
以前にも暑い風邪・寒い風邪のことは書きましたが参蘇飲は寒い風邪に使います。ただし寒い風邪と言っても葛根湯のように寒冷にあたって急激にひいたわけではなく、もともと寒がりの人が参蘇飲を服用するタイプの前提となります。


“寒がりで胃腸が弱く疲れやすい人のかぜ・咳”としたほうが良いでしょう。
またこの参蘇飲という漢方薬は大変弱い薬です。ですからもともと病気に対する抵抗力・免疫力の強い人には向きません。向かないというより飲んでも何も変わらないと思います。参蘇飲は普段から胃腸や気管が弱く、食欲がなく疲れやすく、いつも痰が絡んでいるようなかた、おおまかに言ってしまえば元気のないお年寄りが一番向いている薬です。
あとは一週間も経つのに風邪が抜けず、軽い寒気と軽い咳が続くようなときに効果があります。若い方の場合だと、治ったと思った風邪が、何となくまたぶり返しているような感じの時に効果があるかと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿